第15回渋谷クラフト倶楽部展が終わりました。

| No Comments | No TrackBacks

第15回渋谷クラフト倶楽部展が盛況のうちに無事終わりました。
今回ははがいちよう先生の作品は1点のみで、会場を生徒とOBの作品で埋めるという企画でした。
バラエティーに富み、豊かな発想に彩られ、楽しい展示になりました。

足を運んでくださった皆様、会場設営に力を貸して頂いたメンバー、0Bの方々、そして搬入、搬出を手伝って頂いた執行部の方々、搬入搬出設定をしてくれ、私を会場まで送り迎えしてくれた我が夫に感謝します。自作を5点も並べることはもう最後になるでしょう。皆さんありがとうございました。

会期中、学生時代の友人たちとお茶を飲んだりランチをしたりしましたが、中でも高校時代の友人と行った「ペニンシュラホテル東京」のアフターヌーンティーはちょっとびっくり(有楽町展の会場から近いので)
ホテルの玄関を入っていくとすぐにアフターヌーンティーの会場のロビーです。勿論私は車椅子。あと2人は同年の老婦人(お読みになっていたら失礼)さてさて、ロビーに従業員らしき人たちも何人も行き来していて、右奥にはカウンターもあるのですが、いっこうに誰にも見向きもされず、なれない私たちはらしき会場の入り口にたたずむばかりです。
ええと、ここは確か5つ星ホテルでは?ここにはマネージャーもコンシェルジュもいないのでしょうか?
長く生きてきて、日本のホテルでこんなに戸惑ったのは初めてです(外国のホテル、特にヨーロッパのホテルではたまにあります)
皆で「ゆるいホテルなのね」などと笑い合って数分後友人の一人がカウンターまでお伺いをたてに行ってくれました。
その後のサーブの仕方も、なんだか「ゆるい」感じなんです。お茶のおかわりを聞きに来るわけでもなし(会場はすいていたんですよ)お湯が必要かも聞きに来ない。これって、ペニンシュラ流ですか?
残念ながら、ペニンシュラホテル東京には宿泊にも食事時ももう来ないでしょう。コスパ悪すぎです!
楽しみしていた「アフターヌーンティー」が笑える思い出になりました。


No TrackBacks

TrackBack URL: http://www.dollhouse-isako.com/mt/mt-tb.cgi/301

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by isako published on September 15, 2019 8:14 PM.

一年以上 was the previous entry in this blog.

お知らせ is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages