2018年 明けましておめでとうございます。

| No Comments | No TrackBacks

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
あまりにも不定期で気まぐれなブログですが、今年もよろしくお願いいたします。

年末年始は、例年通り友人夫妻と一緒に京都で年越し食べ歩きでした。
12月30日に行ったお店「祇園 さか本」はミシュラン一つ星です。しかし、祇園の小路は車で行くには難しい。ホテルに車をおいてタクシーで行くべきでした。何しろ通りの名前だけで番地が書いて無いのです。迷って、お店に電話して話してもよく分からず、一方通行の道をぐるぐる回ること30分、同行の友人たちにも迷惑をかけました。
案内されたのは4人のテーブル席でしたが、他のテーブルもカウンターにもお客さんが入っていました。座敷一つでコートなどを預けるところも無く、テーブルの周りはお客さんの荷物やコートでいっぱいです。ちょっとびっくりしました。わざわざ予約して出かけるお店は、味が第一ですが雰囲気も大事なのに。窓の外が白川で、落ち着いて伺えば素敵なところだったのかも知れませんが、第一印象が・・・
後で分かったのですが、お客さんのほとんどは日本の方ではありませんでした。
お料理を運んでくれるのは女将さん一人、その提供の仕方も、お料理の流れもちょっと首をかしげるものでした。
京都の割烹(最近は東京の小さなレストランでも)では、必ずご主人か料理長が挨拶にいらっしゃるものですが、私には最後までどなたがご主人なのか分かりませんでした。残念です。ミシュランの星は当てにならないなぁ、が感想では。
元旦は京都のお雑煮、そして夜はここ数年行っているイタリア料理店でした。このお店はホテルに近いところの町屋を貸しそうした移転したばかりで、お店の作りもおもしろく、お料理は素敵にセンスが光ります。一日2組8人までしか予約を取らないらしく、お料理が丁寧なのはもちろん、食器なども隅々まで選ばれたもの、または作った物を使っています。

2018京都.jpg

という楽しい年末年始が過ぎて、9日から「順天堂東京江東高齢者医療センター」に入院しています。主治医がこの病院に転勤になったので、ちょっと遠いこの病院になりました。ここはリハビリが充実しているので、リハビリを受け、自宅でもできるものを指導して貰う予定です。
今年はゆっくり作りたいものを作る、つもりだったのですが、イベントだとかその他誘惑多く、欲深い私はあれも見たいこれも作りたい、となってしまいます。体力落ちて、作業できる時間が限られてきているのですから、自分をわきまえないと。
いつまでミニチュアを作っていられるのか、もうダメか、まだ出来るか、と考えるこの頃です。

↓長い病院の廊下
2018病院.jpg

 

No TrackBacks

TrackBack URL: http://www.dollhouse-isako.com/mt/mt-tb.cgi/288

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by isako published on January 11, 2018 1:43 PM.

SAN JOSEからLAへ was the previous entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages