May 2013 Archives

旅の続きその2

| No Comments | No TrackBacks

5月25日熊本から阿蘇を抜け、高千穂峡へ向かいました。阿蘇の雄大な景色は、ちょっと北海道を思い出すような景色です。
考えてみれば阿蘇の外輪山の中に村があり町があり阿蘇市まであるのですね。阿蘇山って活火山ですよね。
高千穂峡に着いてまず「道の駅」の案内所で地図をもらい、一番近そうな駐車場に車を置いて遊歩道を暫く歩きました。と言っても途中階段など上り下りがあるので、連れ合いに止められ、ほんの入り口を覗いただけでしたが、その神秘的な景色は「神々が降臨する」と謳うにふさわしい雰囲気でした。もっと奥まで歩きたかったな。
高千穂.jpg

高千穂峡から別府へ。一般道を走るのですが、山の中の細い道が続きます。今回の旅で一番の大変な移動だったかも知れません。やっと別府へ出た時には日暮れが近づいていました。なのに、ナビが案内したのは市役所。旅館がナビに認識されなかったらしいのです。電話をして目印になる場所を教えてもらい、到着したのは午後7時過ぎでした。別府温泉につかって爆睡。

翌日も大移動です。別府港からフェリーで四国へ。八幡浜に上陸。一路高松へ走り、連れ合いの上海時代の友達の店に寄り(突然行ったのでその方はとてもビックリしていました)またまた高速道路乗り継いで鳴門へ向かいました。鳴門海峡を望むホテルは友人のすすめ通り素晴らしいロケーションでした。
翌朝その友達がホテルまで会いに来てくれました。彼は私がアイコンに使っている似顔絵を描いてくれたイラストレーターで、徳島にUターンし、イラストレーターとしての仕事もしつつ、独自に開発した壺と鳴門金時を使って壺焼き芋屋さんをしています。この壺焼き芋が絶品だというので、一度食べてみたかったのですが、シーズンオフ、なおかつ土日しか焼かない、と言うことでまた駄目でした(涙)

7日目は大阪へ。大阪で所用を済ませて、京都へ戻りました。昔々の思い出の「御池煎餅」など買い込み、東京へ。こうして7泊8日「旧友を訪ねる旅」は無事終了しました。思ったより体が動いたので、ちょっと自信がつきました。

最後の京都の美味しいもの「鰻割烹 まえはら」の鰻重です。鰻を蒸した関東風です。臭みがなく、美味。
まえはら鰻重.jpg

旅の続き

| No Comments | No TrackBacks

5月22日京都を発って山陽道を広島へ。
直接安芸インターから宮島口へ。フェリーで宮島へ、厳島神社をめざす。
引き潮だったので、厳島神社のイメージがちょっと違う。でも砂浜は白い。こんな風に海を借景にする雄大な建物を800年以上前に思いついた平清盛はすごいな。修学旅行生と外国人が一杯。フランス人グループにちょっとついて行ってみた(笑)
夜は広島風お好み焼き発祥の店「みっちゃん」へ。
大きくてシンプルなお好み焼きだ。
みっちゃん.jpg

翌朝、広島市内まで戻り、小学校時代の友人(広島へ嫁いだ)の家へ。広い敷地に広い庭。東京と違ってゆったりしている。この地で彼女は小説を書き、子供達に剣道を教えている。超元気な同級生。うらやましい。
その後一路長崎へ。ホテルに着くと午後4時。連れ合いはグラバー邸まで散策に。私は一休み、でした。もちろん「ちゃんぽん」は食べました。

4日目は熊本へ。ミニチュア仲間と熊本市役所の展望ロビーで待ち合わせ。彼女は今年初め北海道から熊本へ引っ越した。北海道へも遊びに行っているので、北で会い南で会う、という縁がある人です。
市役所の展望ロビーは熊本城の真っ正面で、穴場です。
熊本城.jpg

その夜は友人夫婦に馬肉料理をご馳走になり、その後「ホタルの郷旭志」へ。
畑?田んぼ?の中のあぜ道を小川に沿って歩くとあちらこちらに微かな光。瞬いています。まだ気温が低かったのか、そんなにたくさんのホタルは見られませんでしたが、久々ホタルに見とれました。
入り口で誘導している地元のお兄さんに最盛期の写真を見せてもらいましたが、それは見事なホタルの森が出現するようです。その時期にまた行きたい!と言っても、その時期は混雑するんだろうな。
 

一週間遅れの旅

| No Comments | No TrackBacks

一週間遅れで旅行を敢行!
事故の後暫く呆然としていましたが、考えてみれば、季節の良い時期に旅をしようと2ヶ月も考えて動き出したことなので、今を逃すと、梅雨に入り、暑くなり、秋のイベントの時期になり、ずるずると先に延びてしまいそうです。そうして、今の体調が1年後に維持できているか、それが一番わからないのですから、「今でしょ!」と言うことで一週間遅れで決行です。
1日目、午後京都に到着。途中名神の集中工事とかに遭遇して思ったより時間がかかってしまいましたが、今回はアクシデントもありませんでした。午後2時予約しておいた四条のホテルにチェックイン。なかなか良いホテル。
一休みの後タクシーで祇園へ。「徳屋」でわらび餅を。午後4時近い時間でも、20分ほど花見小路に並びました。噂通りの美味しさで、連れ合いがたのんだ「宇治金時」もふわふわの氷が美味しい。
わらび餅.jpg

夜は「川上」へ。ここは松井今朝子さんの実家で、先代が引退した後、ご主人になったのは一番弟子加藤さんという方。お店に入っていくと、ご本人がカウンターの中にいました。お料理も美しく美味しく、接客も行き届いていて、大いに満足したのでした。東京にもこんな店があるといいな。
川上1.jpg

川上2.jpg

新東名高速道路

| No Comments | No TrackBacks

5月14日、朝7時に家を出発、一路京都へ向かいました。
実は京都、広島、長崎、熊本、別府、徳島、大阪と車で廻る旅を計画していました。広島で小学校の同級生に会い、熊本でミニチュア作りの友人に会い、徳島で昔々の仕事仲間に会う、と言う予定でした。今の元気なうちに車で九州まで行きたいな、と。

御殿場から新東名高速道路に入り、富士を見て静岡インターを過ぎたところで、車は爆発音のような大きな音と共にはねてガタガタと揺れました。助手席でうたた寝をしていた私は一瞬何が起きたのかわからず…落下物との衝突でした。大きな角材が追い越し車線に横たわっていたらしいのです。幸い近くにNEXCOの施設の駐車場があり、そこに車を入れて降りてみると、タイヤが2カ所パンク、タイヤホイールも割れていました。なんと我が家の車はスペアタイアを積んでいません。

焦ってまず、JAFに電話し、それから「これは事故だよな」と、NEXCOに電話し、保険会社に電話してうろうろしている間にパトカーが到着。我々の後の車ももう1台ぶつかった様子です。警察官に事情を話している間にJAFのロードサービスが着きました。受け入れてもらえそうな修理工場を探してもらい、そこまで車を搬送してもらわなければなりません。そして私たちはどうなる?
搬送車のドライバーにレンタカーも探してもらい、そこまで車を持ってきてもらうことに。車の修理は何日かかかりそうだし、とりあえず家に戻ることにしました。
となれば、やっとこ探した宿泊先もキャンセルしなければなりません。電話をかけまくって、一週間分の宿泊をキャンセル。何とかレンタカーに荷物を移して移動できるようになったのは午後1時でした(汗)
車同士の事故や人身事故にならないで良かったと言うべきですね。
疲れました〜。

1013.5.14.jpg

2013.5.14タイヤ.jpg

ランチ

| No Comments | No TrackBacks

ゴールデンウィーク!ですが、いつもと変わらぬ日々です。
昨日、友達ととても久々にランチに出かけました。
「シャンブル・アベック・ヴュ」
アミューズから前菜、メイン、デザート、小菓子まで5皿。美味しく、サーブも行き届いて2000円という本当に値打ちのランチでした。
ホタテとパプリカ.jpg
前菜 ホタテとパプリカのムース
黒鯛と天使の海老.jpg
主菜 黒鯛と天使の海老のポワレ