January 2013 Archives

Maison Paul Bocuse

| No Comments | No TrackBacks

カード会社主催の食事会に友人夫婦と行ってきました。Maison Paul Bocuseでフレンチランチョンです。
タラバガニのムースと雲丹、フォアグラ風味の栗南瓜のラビオリという2種類の前菜。真鱈のポアレ サフラン風味のリゾット、鴨胸肉のロースト茸のエチュベ添えというメイン。イチゴのタルティーヌのデザートでした。ラビオリは今ひとつマッチしていないように感じたのですが、他の料理は堪能できました。デザートがもう少しすっきりしていると良かったかも。ゆっくり2時間以上かけて楽しい話をしながらの食事は、本当に久しぶり。こういう時間がもっと持てるといいなぁ。

真鱈のポアレ
ポールボキューズ真鱈.jpg
鴨胸肉
ポールボキューズ鴨肉.jpg

18分の1

| No Comments | No TrackBacks

昨年10月から中断していた80分の1サイズの作品制作を年明けから再開しました。芳賀工作教室で昨年4月から9月まで講義を受けたものです。ノートを見ながら何とか制作。リヤカーが難しかった。何しろハンダに…慣れないもので。やっと完成。
80分の1も楽しい。
孤独の世界完2.jpg

孤独の世界完6.jpg

お知らせ

| No Comments | No TrackBacks

あけましておめでとうございます。
ホームページのタイトルを変更しました。
旧「Dollhouse isako」から新「Atlier 2CV」(アトリエ ドゥーシュヴォー)へ。
今後はイベント等にもこの名前で出展する予定です。
どうぞよろしくお願いします。

2CVは 仏語でDeux chevaux、2匹の馬です。
車をお好きな方ならご存じだと思うのですが、シトロエンに2CVというシリーズがありました。1948年にデザインされ、1990年まで大きなデザイン変更ないまま作られました。この車をはじめて見た時から大好きで、最後の製造輸入車を長年持っていました。実用的でないこと、保管場所の問題等々で手放しましたが、今でも大好きな車です。
去年から連れ合いがミニチュア作りを手伝ってくれるようになり、これからは2馬力という意味も込めて変更親しました。よろしくお願いします。
2CV前400.jpg

年越しのこと

| No Comments | No TrackBacks

一年がたつのがどんどん速くなってゆくのは、やっぱり年のせいでしょうか。
そして、毎年お正月らしい実感が薄れてゆく気がします。

昨年の大晦日は初めて最初から最後まで「紅白歌合戦」を見ました。こんな番組を今でも作っているNHKはすごい。
実家にいる時の大晦日は「紅白」は見るものではなく聞こえてくるものでした。父が茶の間でテレビを見ている間、母と姉と私は台所でお正月の準備、お節作りに追われていて、炬燵でのんびりしているのは父一人でした。夜中まで雑用に終われ「紅白」が終わる頃年越し蕎麦。
元旦は父が近くの氷川神社に初詣に行ってきた後、雑煮を祝うのが恒例でした。実家にいた頃は初詣も行ったことがありませんでした。こう書くとなんだか向田邦子の世界みたいですね。
正月休みの間に必ずやらされることは、書き初め代わりの「初荷」旗書き。生家は材木屋だったので、たくさんの旗を書かされました。その「初荷」を出す四日の朝は皆がそろって店の前で写真を撮りました。昭和ですね。
その父も母もいなくなって、正月らしさも薄れ、昭和も遠くなりました。
初荷の写真を探したのですが、それらしいものが見つかりませんでした。
 

あけましておめでとうございます。
昨年は体調の変化も色々あり、それでも少し制作もでき、イベントにも参加出来ました。
今年はどうなるでしょうか?無理せずやっていきたいと思います。

在プラハのガラス作家の友人が送ってくれたカードがあまりにも素敵なので、ここで紹介。
shinoさんはとても素敵なビースアクセサリー作家でもあり、毎年東京でも個展を開いています。
www.shino.cz にて作品を見ることができます。
pf2013_fb.jpg