May 2012 Archives

浜松

| No Comments | No TrackBacks

新しい車が来て、どこかへ遠出してみよう、ということになり、2年ぶりに連れ合いの故郷である浜松へ出かけました。彼の故郷の町は浜松市内なのですが、浜名湖湖畔の小さな町。花のハウスや鰻の養殖池があるのんびりしたところです。気候も温暖。冬も暖かいし、今度の冬はここで過ごしたいな。
連れ合いが幼なじみと「タコ釣り」と「浅蜊取り」をしている間に、私は浜松駅近くのビルの中にある「浜松ジオラマファクトリー」へ出かけました。浜松在住のモデラー、テレビチャンピオン山田卓司氏の作品を展示しています。9月17日までの期間限定です。山田氏の作品は昭和の雰囲気の懐かしい作品。テレビで見ていた感じより縮尺が大きいんですね。
その後、近くの模型店で材料を仕入れようと思ったのですが、結局探していた材料は見つからず。地方で作品を作っている人は大変です。
 山田氏の作品
hamamatsu2.jpg

目当ての一つは美味しい鰻を食べることだったのですが、行った曜日が悪かった。月曜日は目当てのうなぎ屋さんが3件もお休み。残念。また行こうと思います。
養鰻所直営のお店で食した鰻重。これはこれでおいしかった。
hamamatsu4.jpg

水彩画

| No Comments | No TrackBacks

友達の幼なじみのスイス女性が3月に来日しました。水墨画の教室に通いながら、東京や京都の生活を楽しんでいます。
私の友達が小学校の後半から中学の初めまでをスイスのジュネーブで過ごしたので、それ以来の交友だそうで、本当に幼なじみ。
先日、そのスイス女性が水彩画教室を開くので、その手伝いをしました。彼女はフランス語が母国語、英語にも堪能なのですが、日本語はしゃべれません。水彩画教室は主に英語、時々仏語。友達が時々通訳。
女性ばかりで和気藹々とした4時間の1日講習会でした。
Français.jpg
先生は、Marie-Francoise Revest-Nawratil http://www.mfrivestnawratil.ch/
爽やかで優しい水彩画です。

| No Comments | No TrackBacks

我が家の車は1999年製で、御年13歳。今まで大きな故障もなく、ほとんど部品交換もなかったのはラッキーだった、らしい。
今年に入ってから、エンジン音が大きくなり、時々異音がするようになった。先週異音があまりに大きいので(窓を閉めた2階の居間にいてエンジンの異音が聞こえる)急遽ディーラーに車を持って行った。結果、経年劣化によって交換しなければならない部品があれこれ発覚。見積もりをしてもらってびっくり。今年秋の車検もあり、結局少し新しい車に乗り換えることに。
最初は部品を交換しても乗り続けよう、長く長く乗ろう、と言っていた連れ合いもこの先を考えると乗り換える方が我が家の安全と判断した。
この車で5月初めに浜松まで遠出しようとしていたのだから、考えるとちょっと怖い。結局悪天候で出かけなかったのは、ラッキーだったのか。
10年も同じ車に乗ってきたので、新しい車になれるまで面倒な気もするのは、きっと自分が老いたせいだ。10年前には、新しい車にわくわくした。これを機にトランクの中のいらないものを捨てよう。

ピンセット

| No Comments | No TrackBacks

芳賀一洋先生が愛用しているピンセットを、先生のお勧めで私も購入しました。巨匠の愛用品だけあって、とても使いやすい。私も愛用しようと思います。
先生が生徒達に時々言う言葉「腕が悪いんだから、道具くらいいいものを使わないと」。確かに。

そして、今作っている作品の壁。まだ壁しかでいていませんが、先が楽しみです。
ピンセットと壁.jpg