September 2011 Archives

衣装箪笥

| 4 Comments | No TrackBacks

9月も終わりに近づいて秋です。涼しくなりました。体も少し楽な気がします。
10月のサンノゼのミニチュアショウ出発まであと2週間あまり、ちょっと焦ってきました。
9月はじめから作り始めた衣装箪笥がやっと出来上がりました。今まで作ろうと思いながら木の目や木肌の色などで躊躇していた生地仕上げの箪笥です。新しく作った引き手の取り付けが難しい。

衣装箪笥生地1.jpg
衣装箪笥生地2.jpg

ベラドンナリリー

| 9 Comments | No TrackBacks

ベラドンナリリーが咲きました。
ずいぶん前に友達のお父上から球根をいただいてから毎年花が咲きます。ベランダの鉢植えという環境の悪さをどうにかしのいで、球根が増えて鉢が3個になりました。薄いピンクが可憐です。

南アフリカ原産で彼岸花科。別名ブルンスビギア/ブランスビギア、ホンアマリリスなど。夏に葉が枯れ、夏の終わりから秋の初めに咲く。

ベラドンナリリー.jpg

クラフト倶楽部

| 9 Comments | No TrackBacks

毎月第2土曜日はクラフト倶楽部の自習会です。
今回は造形作家のウエノシゲユキさんの工房と私の工房の見学(?)会でした。ウエノさんの工房と私の工房は目白通りを挟んでとても近く、同じ町内にあります。ウエノさんのお父さんと私の父は昔からの知り合いなのですが、私とウエノさんはクラフト倶楽部で知り合いました。
ウエノさんの工房は見所満載の面白い工房なのですが、私の工房はいわば作業所、面白味に欠けます。そこで今芳賀一洋先生の工作教室で作っている途中の拙作をお見せし、私のミニチュアコレクションをお目にかけることにしました。
制作途中の作品、まだタイトルは付いていません。3畳一間の一軒家、今の予定では詩人の家にするつもりです。年のはなれた兄妹のように育った従兄弟に詩人がいて、一昨年他界しました。彼の作品を原稿にし、彼の本をミニチュアに作ることにしました。最後まで仕上がるでしょうか?

庚申塚の家.jpg
 

Samurai Sword

| 7 Comments | No TrackBacks

昨年末から芳賀一洋先生の工作教室に通っている。
始まってすぐから体調を崩し入退院を繰り返し、春にはシカゴの準備に追われ、工作教室での作品を作れない日が長かった。教室には通っていたんですが。
やっと6月から取りかかったら、これが難しい。難しいから面白い。こちらに夢中になっていて、10月のサンノゼのミニチュアショウの準備が全く進んでいない。やっと一つ出来た新作です。
4月にカリフォルニアに住む女性から依頼があり、なんとか4ヶ月かかって出来上がった"Samurai Sword"日本刀です。抜けます。

日本刀12-09.jpg

ちなみに、芳賀一洋先生工作教室で作っているのはこんな感じです。風雨にさらされた郵便受け。

郵便受.jpg